事務所移転による住所変更のお知らせ

拝啓 残炎の候 時下ますますご清祥の段お慶び申し上げます。
平素は格別のお引き立てを賜り厚く御礼申し上げます。
さて、この度当協会は下記のとおり移転することになりましたのでご案内申し上げます。
これを機に、職員一同より一層避難民支援業務の充実に努めて参りますので、今後も変わらずご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。
敬具
令和5年8月吉日
一般社団法人TTE避難民支援協会

移転先住所
〒103-0025 東京都中央区 日本橋茅場町一丁目13番13号 七宝ビルディング4F

ウクライナ本国への物資支援ならびにポーランドにて避難民支援活動を実施いたしました

TTE避難民支援協会では今年度より、日本国内における避難民支援と並行して、「より必要としている人に必要な支援」を行うべく、ウクライナ本国への支援ならびに隣国における避難民支援を模索してまいりました。
現地在住の日本人に協力を仰ぎ、ポーランド政府の認可を受け、ウクライナ本国の前線地域やポーランド国内の避難民施設に物資を届けている支援団体”IN NEED”をご紹介いただきました。”IN NEED”は道路標識製造会社を家族経営している一家が侵攻をきっかけに想いひとつで多くの人の協力を得ながら支援活動を行っている団体でした。私たちと重なる部分があり、信頼できる実績を残している彼らとの協業を決めました。
また今回は、国際ロータリー第2750地区のご協力を得ながら、特にウクライナ本国で必要とされている物資(タオル、シーツ、毛布、乾電池、充電器)を支援いたしました。5月下旬に協会スタッフ2名がポーランドに赴き、IN NEEDへ支援物資を配達、東部ルブリン県内のウクライナ避難民支援施設の視察を行い、継続的な支援の実施について協議してまいりました。 これからも、その時々の状況に合わせて、必要な支援を実施してまいります。

『倉庫視察』 InNeedは、“必要とされている(= in need)”支援を届ける活動をしている、非営利の慈善団体。基本的に、食料、衣服、薬などの生きるために必要な一般物資を、大変な状況下に置かれている人々に提供する活動を実施。敷地内の2つの倉庫のうち1つをInNeedの活動の為に支援物資保管に使用している(もともとは2つとも家業である道路標識製造用の物資を保管するために使用されていた)。 今回の支援物資はエネルギー不足の際に重宝される品々。エネルギー危機は去年も訪れ、今年もウクライナでは冬季の深刻な電力不足が起きると予想されている。また、ウクライナ東部前線地域ではインフラの破壊に伴い電気が使えないエリアが多く、家電やスマートフォンなどの充電に電池が非常に役に立つとの事。ウクライナの発電が攻撃を受けた際、電力不足の問題が深刻化。特に、都市部はセントラルヒーティングの為に全家庭で暖房が使えない状態になった。

『避難民施設訪問』 現在120名が入居、うち40名が子どもたち。大人たちは働き、子どもたちは学校や幼稚園に行き、通常の生活を送っている。子どもたちの適応能力は高く、皆ポーランド語を早速習得している。学校は通路を挟んで目の前にあり、同じクラスに少なくとも2人以上はウクライナ避難民がいる為、困ったことがあったら相談し合えるような環境になっている。その為、子どもたちがトラウマや精神的ストレスで白黒の絵を描くといったようなことは見られないとの事。 精神的なケアについて、セラピーは時々実施されるものの、ポーランド国内では一般的にセラピーは高価(数年前の価格で1時間あたりPLN160、ポーランドの平均月給はPLN6,900)であり、なかなか利用することは難しいとの事。どうしても政府の支援は衣食住や身体的な医療面を優先となるので、精神的ケアには補助金が回って来ていないのが現状。

『スタッフ談話』 ポーランド国内は訪れてみると大変長閑で平和、人々も穏やかで気候も心地よく、本当に隣の国で戦争が起こっているとは想像しようとしてもやはり現実として受け止めきれませんでした。そしてそれはきっとウクライナ国内でも同じだったはずだと思うと、胸が痛みます。実際に支援しているポーランドの方々は、少ない政府の援助の中、自分達の資産や身銭を切ってまでウクライナ避難民を支援しようとしている方が本当に多く、街中にも多くのウクライナの国旗を見かけました。しかしポーランド自体もまだまだ経済的に豊かな状況とは言えず、戦況も長期化し、終戦したとしても多くの家やインフラが壊されてしまった中ですぐに戻れない人も多い中、財政的に苦しいのが現状かと思われます。ウクライナ避難民施設を2カ所視察させていただきましたが、生活水準・支援水準も大きく異なりました。故郷であるウクライナに帰りたい気持ちや、子どもたち、そして自らの将来を心配する気持ち、また狭い場所に住むことに大きなストレスを感じている点などは共通するところもありましたが、支援を実施する上で、一つの箇所だけを見て判断するのではなく、やはり一つ一つの施設、一人ひとりの人にしっかり焦点を当てる必要性があることを改めて感じました。支援内容については、物資だけでなく、今後いかに生活を取り戻していけるか、という視点も考えていく必要があると強く感じました。そんな過酷な状況の中でも、温かく私たちを迎え入れ、辛い話も打ち明けてくれた人々、本当にかわいい笑顔で「ありがとう、大好き」と言ってくれた子どもたちには感謝しかありません。

第2回SDGsジャパンスカラシップ岩佐賞を受賞しました

社会課題の解決やSDGsの達成へと地道に活動する人たちを応援する「SDGsジャパンスカラシップ岩佐賞」(SDGs岩佐賞)の第2回受賞者が3月28日(火)に公表されました。一般社団法人TTE避難民支援協会は【平和・人権の部】にて受賞しました。 https://www.asahi.com/sdgs/article/14858698

活動報告会を実施いたしました

10/2(日)、国際文化会館にてTTE避難民支援協会 謝恩会を開催いたしました。当日は今春実施したクラウドファンディングにて10万円以上のご寄付をくださった方々、並びにこの半年TTEをご支援くださった方々をご招待し、避難民との交流の場を設けさせていただきました。 ⁡
活動開始から半年以上が経過し、日本での生活に慣れてきた一方、新たな課題も浮き彫りになってきました。彼らが日本で自立した生活が送れるよう、そして未だ止まらない避難を希望する新たな声にも応えていけるよう、これからも活動を続けてまいります。 引き続き皆様のお力添えのほど何卒よろしくお願い申し上げます。 ⁡

HUFFPOSTにてインタビューが掲載されました

ネットニュースメディアHUFFPOSTにて避難民ケイトと代表渡辺のインタビューが掲載されました。 記事はこちら

ウクライナ大使館 × スポーツ・オブ・ハート ウクライナ継続支援発表会に参加しました

ウクライナ継続支援「アートポストカードプロジェクト」発表会にTTE避難民支援協会と避難民が参加しました。 ご招待いただきました一般社団法人スポーツ・オブ・ハート様、誠にありがとうございました。
当日の様子はこちら

クラウドファンディングが終了しました

2ヶ月間にわたるクラウドファンディングが終了しました。多くのご支援をいただき誠にありがとうございました。
6/25現在、TTEが支援している入国済の避難民の数は15名になりました。来週も新たな避難民の入国を控えており、来月半ばには20名を超える予定でございます。
彼らが母国で笑顔で過ごせる日まで支援を続けて参りますので、今後とも皆さまからのお力添えのほど何卒よろしくお願い申し上げます。